[ パウア貝 ]

パウア貝(PAUA ABALONE)はニュージランドのアワビです。世界で一番カラフルな貝と言われています。その真珠層は自然の物とは思えないような金属色を示し、青、緑、ピンクと鮮やかな色で覆われて居ます。

貝の採取だけでなく輸出も政府が管理していていますので、完全な形の貝殻は加工されたものしか入手できません。J&Lでは入手可能な割れた貝殻を加工しています。外殻を削る加工から始まり8段階の研磨工程を経てピカピカに磨き上げます。貝殻は照りのある美しい面となりますが、着色したりニスを塗ったりしているわけではありません。ただひたすらに愚直に磨き上げた結果なのです。

アワビを薄く削いだアワビシートを貼ったボタンやアクセサリーを良く見かけますが、J&Lでは貝そのものを加工しています。少々湾曲した形状が多くなりますが、裏返しても真珠層が綺麗ですヨ。

[ アコヤ貝 ]

アコヤ貝(阿古屋貝)は本真珠の母貝(mother of pearl)として良く知られていますが、貝殻を加工した製品を見る事は少ないでしょう。真珠層が大変薄く加工が難しいのです。綺麗な真珠層を削り出すと、向こう側が透けて見える程に薄いのです。しかし、シルキーで照りのある美しい面は流石に本真珠ですね。上品で美しいアクセサリー素材としては他に類を見ないでしょう。貝は大変軽く大振りのアクセサリーでも負担にはなりません。巨大な本真珠は如何ですか?